公共交通部会

2020年5月11日現在

部会名 公共交通部会
テーマ 市内の交通利便性向上に向けた公共交通網の再編策の検討及び効果検証
部会長 東京大学 鹿野島秀行 准教授

昨年度までの主たる活動内容

  • オンデマンド交通の実証実験を平成24年度に実施,平成25年度以降本格実施。    (予約型相乗りタクシー「カシワニクル」:柏市沼南地域)
  • マルチ交通シェアリングサービスの実証実験を実施。移動データの分析の実施。
  • 交通モードに依存せず,さまざまな人が安全・安心・快適にシームレスな移動を支える社会の実現を目標に,Mobility-as-a-Service (MaaS)の柏市域での展開について議論
  • MaaSの実現を支える交通関連情報の流通促進及び公共交通の利便性向上等のため,柏ジャンボタクシー等について標準的なバス情報フォーマット(国土交通省総合政策局)に則ったデータ整備を実施。
  • 柏ジャンボタクシー及び柏駅に乗り入れるバス路線等における標準的なバス情報フォーマットの整備及び経路検索サービスへの掲載の推進。

今年度の活動計画(案)

  • MaaSに関して,国内外の先進事例についての情報共有を図るとともに,柏市域でのMaaSの展開の可能性について検討。