柏の葉キャンパス駅・東京大学柏キャンパス間の公道で「自動運転バスの営業運行実証実験」を継続

柏ITS推進協議会では、国土交通省選定のスマートシティモデル事業・先行モデルプロジェクトの1つとして、2019年11月から2020年3月までの5ヵ月間、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅から東京大学柏キャンパス間の約2.6kmの一部区間において、自動運転バスによる営業運行実証実験を実施しておりましたが、2020年度も引き続き、実証運行を継続いたします。

2019年度の実証運行と同様に、先進モビリティ株式会社が開発した自動運転システム搭載の事業用車両バス(緑ナンバー)を使用し、営業運行は東武バスイースト株式会社が行います。自動運転はレベル2であり、システムが縦方向及び横方向両方の車両運動制御のサブタスクを限定領域において実行する走行です。2020年度はこれに加え、道路に設置した磁気マーカの有用性、効率的な配置等についても検証を行います。

これまでと同様に、長期間の実証実験により、天候や季節、道路状況の変化など、実用運行を想定した運行方法やオペレート、点検保守に関する検証を行っていくとともに、新たな自動運転バス車両の開発や柏の葉のまちづくりと連携させた、安全・快適・便利な住民サービスの創出を目指していきます。

■実証実験のイメージ

■運行予定ルート(約2.6kmの一部区間)

2020年度実証実験の概要

日程 2020年4月1日水)から2021年3月31日(水)まで
※天候、災害、道路状況などの理由により、運行を中止する場合があります。
※土日および祝日と年末年始は運休となります。
運行時間帯 11時から15時までのうち、4便を予定(うち1便は特別便)
運行ルート つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅~東京大学柏キャンパス
距離 約2.6km(公道2.3km、キャンパス内:0.3km)の一部区間
使用車両 日野自動車リエッセをベースにした自動運転車両(一般貸切運行)
乗客定員 乗客17名
※定員を超えた乗客数での走行は行いません
自動運転レベル レベル2
乗車対象者 東京大学柏キャンパスの学生、教職員及び柏キャンパス来訪者

柏ITS推進協議会(会長:東京大学 生産技術研究所 教授 須田義大)

柏市において、ITSを活用し「低炭素型交通都市」・「次世代型環境都市」を実現するための、各種研究開発の推進及びそれらの事業化・実用化に資する活動を行うことを目的に、東京大学ほか、行政機関、民間企業及び各種団体や個人等が協力・調整を行う場として2009年12月に設立しました。

自動運転化レベルの定義の概要

レベル1 システムが縦方向又は横方向のいずれかの車両運動制御のサブタスクを限定領域において実行
レベル2 システムが縦方向及び横方向両方の車両運動制御のサブタスクを限定領域において実行
レベル3 システムが全ての動的運転タスクを限定領域において実行
作業継続が困難な場合は、システムの介入要求等に適切に応答
レベル4 システムが全ての動的運転タスク及び作業継続が困難な場合への応答を限定領域において実行
レベル5 システムが全ての動的運転タスク及び作業継続が困難な場合への応答を無制限に(すなわち、限定領域内ではない)実行

自動運転バスの実証実験参加団体

東京大学モビリティ・イノベーション連携研究機構、東京大学生産技術研究所、東京大学大学院新領域創成科学研究科、柏市、先進モビリティ株式会社、東武バスイースト株式会社、三井不動産株式会社、BOLDLY株式会社、柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)、パシフィックコンサルタンツ株式会社、損害保険ジャパン株式会社、三菱オートリース株式会社、愛知製鋼株式会社

お問い合わせ

<<自動運転のバスや運行に関すること>>

東京大学モビリティ・イノベーション連携研究機構 事務局

TEL:080-4423-4825
Email:utmobi-sec@its.iis.u-tokyo.ac.jp

<<自動運転のバスや運行に関すること>>

ITS 推進協議会 事務局(柏市 土木部 交通政策課内)

TEL:04-7167-1219
Email:kotsuseisaku@city.kashiwa.chiba.jp